復縁したいなら、そのなかから、自分で出来ることと出来ないことを把握 する

2・復縁したいなら、そのなかから、自分で出来ることと出来ないことを把握する

前回の段階で『ありのままの自分自身』を知り、『相手が求めていた理想像』を理解しました。
ここでも大変辛い事とは思いますが、お相手と過ごした日々を思い出してください。
ここで別れた原因を、よくよく思い出してください。

その中に次の行動の重大なヒントが隠されていますので辛いでしょうが決して、目をそらさないでください。

次はその中で、自分自身が「出来る事」と「出来ない事」を把握しましょう。

お相手と分かれた原因は、相手が望んでいた出来る事と出来ない事の不一致という可能性が多いと思います。

その「不一致」の部分を見つけるのが、この段階の目的です。

冷静にその部分を思い出せたら、その中からまずは「出来る部分」と「出来ない部分」を把握して、自覚しましょう。

そうやって仕分けることで「何故これが出来るのにしなかったの?」「ここの部分は無理をしていた」と、おのずと分かってきます。

ここまで来たら、復縁に向けて新しいスタートラインに立つ準備になります。
冷静に、慎重に自覚して把握しましょう。

『復縁屋』では、恋人として幸せに過ごした日々が、今は辛い思い出となってしまった痛みを聞いたり、第三者として「出来る部分」と「出来ない部分」のアドバイスを行っています。

今まで幸せだった日々を思い出すのは、改めて心の傷を開くことと同じく、痛みが伴います。
私たちが辛い思い出となった記憶を聞くことで、あなたのスポンジやクッション役となり、冷静なアドバイスや「第三者だから」こそ先入観を入れずに自分では見えない、見えずらい部分が見える事が指摘する事が出来ます。

復縁をすると決めたら自分自身を厳しく、出来る事と出来ない事を見つめ直して、把握しましょう。

復縁屋は、あなたの幸せに繋がるように時には厳しく、時には優しく応援しています。


復縁屋株式会社の復縁相談・復縁工作

復縁屋スタッフからの復縁コメント –

復縁屋に相談される方は非常にピュアな気持ちで復縁したいと希望されています。その純粋な気持ち故に、相手と復縁できるなら何でもやります!と意気込んでしまうのです。復縁したいという意気込みはもちろん必要です。しかし、自分自身を抑えてまで相手のために尽くすのはかえって重いと感じてしまうことにも繋がりますし、場合によっては無理に合わせることで自分自身を抑え込んでしまい、あなたの個性をかき消すことにもなるのです。

復縁したいからと全てを相手の望むように尽くすと後から無理が出てきてしまい、幸せな復縁とは言えません。復縁屋の復縁工作によって見えてきた相手の求める自分に近づく努力をし、自分を律することも忘れずメンタルを強くもって復縁することが復縁屋のできるサポートです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です